不動産投資を始めるにあたっては色々とリスクやデメリットも考えていかなくてはいけませんが、注意点について簡単に紹介したいと思います。

不動産投資物件を購入する場合には、立地条件がこれからの不動産投資の成功を左右しますから、本当に慎重に選ぶ必要があります。厳しい目で色々と情報収集した上で、不動産投資物件を選ぶようにしましょう。

たとえばその地域のその場所における賃貸の需要はあるのか、今の状況としては需要があるのかないのか、必要とされているかどうかなども徹底して調査しておく必要があります。

それだけでなく、不動産投資を始めようと思っているそのエリアの、賃貸市場がこれからどうなるのか、将来のことについても考えておかなくてはいけません。

中期的に投資した資金がしっかりと回収できるのか、それとも長期的になるのか、将来は安定した収入で利回りもきちんと確保可能であるのか、という点についても、不動産投資物件の立地について色々と調べる必要があります。不動産投資をこれから始めようと思っている人は、目先の今の現状だけを考えるのではなくて、これからの将来のその土地のことをよく考えたうえで、不動産投資を始める必要があります。

将来性を考えて物件を選ばなくては、目先の今の現状だけにとらわれてしまうと、将来、あまり需要も高くなくていい状態で不動産投資を続けていくのが難しくなります。また手放すときのことをかんがえて 流動性の良い物件を購入するというのも注意点の一つです。

不動産投資の利回りについて考えたことがある人は多いと思いますが、どうやって、不動産投資の利回りは計算されているのか知っているでしょうか?不動産投資といっても利回りというのは表面の利回りと、実質の利回りがありますから、不動産投資をこれからしようと思っている人の場合には、表面の利回りと実質の利回りがどう違っているのか、利回りの見方についても知っておく必要があるのです。

不動産投資による利回りというのは、投資したお金に対する1年間の収入の割合のことを言います。1年間の収入÷投資した金額×100で計算できるのですが、例えば、100間年を1年間に不動産投資したとしますが、それで1万円の収入になったとしたら、それは利回りが1パーセントですね。先ほど不動産投資には2種類の利回りがあると言いましたが、表面利回りの場合には、年間の総収入÷購入金額×100で計算可能です。もしも年間の収入が100万円だとして、購入金額が1000万円だった場合には表面周りは、10%という計算が出てきます。

しかし実質利回りというのは、物件を運用しているコストなども考えた利回りのことを言いますから、実質利回りは、年間の総収入から、物件の運用コストなどを引いたものを購入金額で割って、100をかけるということになり、実質の利回りの方が、表面利回りより悪くなることになります。

ですから、不動産投資を始めるにあたって、表面利回りだけを見て考えていると実際に、運用してみると利回りが悪かったということもあり得ます。

不動産投資は、手軽にできる投資商品として、以前に比べると、手が出しやすいということから、始める人が多いのですが、不動産投資も投資の一つですから、ミドルリスク・ミドルリターンとは言われていますが、リスクはありますので、失敗する人も多いのです。

特にバブル崩壊直後は、キャピタルゲインで不動産投資をしていた人たちが、土地の価格や建物の価格の下落から、かなり不動産投資に失敗して、苦い思いをしてきた人は多かったと言われています。

今はあまりキャピタルゲインを狙って不動産投資をしているという人は少ないと思いますが、それよりも、不動産投資で家賃収入を得ようと思っていた人が、思ったように家賃収入を得ることが出来ずに失敗してしまうというケースが多いのです。

不動産投資は、言ってみれば始めてみなければわかりません。空き室が出ない状態で、投資計画を立てていても、実際に不動産投資を始めてみると、空き室が出てしまう可能性は否定できませんから、不動産投資をこれから始めるという人は、失敗する可能性もある、リスクが大きいということも分かった上で、不動産投資をしなければいけないのです。

不動産投資の失敗として、思ったよりも入居者の入りが悪かったとか、近くに新築物件が経ってしまったことから、空き室が長期間にわたっているというケースもありますから、不動産投資はリスクが少ないとは言え、やはりリスクが付き物で失敗する可能性があることは分かっておいた方がいいでしょう。

不動産投資セミナーというのは、これから不動産投資を始める人にとっても、今不動産投資をしている人にとっても、とても役に立つ情報収集の場といってもいいのではないでしょうか。

不動産投資セミナーへ行くと、色々と不動産投資に役立つ情報を収集することが出来ますが、実際のところ、不動産投資セミナーというのはどんなところで開催されているのでしょうか。

不動産投資セミナーといっても色々な種類があります。無料で開催されているような不動産投資セミナーで、誰でも参加できるものもあれば、有料で、参加するためには何か条件がある不動産投資セミナーなどもあります。

不動産投資ローンを考えている人を対象にしている、金融機関が実施している不動産投資セミナーなどもありますので、実に種類は色々です。不動産投資セミナーへ参加することで、情報収集することが出来ますし、場合によっては、書籍などでは分からなかった貴重な話を聞くことが出来るというケースもあります。

不動産投資をこれから考えている人は、いくつかのセミナーに足を運んでみるというのがいいかも知れませんね。一つに限らず、何個もセミナーへ足を運ぶことで、色々な考え方を知ることが出来ますし、不動産投資セミナーはとてもメリットが高いと思います。

最近は実際に会場を使わずに、インターネット上で不動産投資セミナーを実施しているというケースもありますから、ネット上で手軽に見れるというメリットもあります。

不動産投資信託とは、REITという名前でも呼ばれているのですが、不動産を安く購入して高く売って儲けるといった投資のスタイルです。

不動産投資信託は個人で行うのではなくて、何人かの不動産投資家を集めて行います。不動産投資信託は、持っている不動産の賃料が収入になって、投資家から資金を集めてみんなで運営をするというような形で、投資家に還元されます。
保有している不動産を売って出た利益を、投資家で分けるというケースもありますが、ほとんどの不動産投資信託というのは、賃料から、配当が分配されるというタイプです。不動産投資を自分でするのは少し不安だという人や、管理や運用などが自分でできるか自身がないという人などは、不動産投資信託を、頼んでプロに運用してもらって、そして配当を受け取るという形の方が安心だという人も多いのです。

不動産投資信託を取り扱っている金融機関などもありますし、専門の会社などもありますから、不動産投資は自分でするにはちょっと・・・と思っている人は、プロに運用してもらう形の不動産投資信託を利用してみるといいかも知れませんね。

自分で運用するよりは、利回りはあまり良くないかも知れませんが、それでもリスクも減ると思いますし、投資家が何人も集まって運用していることから、もしかすると一人では手が出せないような物件の不動産投資も可能になるかもしれません。不動産投資を始めてみたいと思っている人は不動産投資信託という手もあります。

不動産投資と流動性についてですが、流動性というのは、他の投資商品でもあるのですが、株の流動性といったように使います。流動性は、投資商品を現金に換金しやすいかどうかということです。

株の場合には株を売ってしまえば、現金にすることは手軽ですし、他の投資のFXなどの場合にも、流動性は比較的高いと思います。しかし不動産の場合にはどうでしょうか。なかなか今日お金が必要になったからと言って、不動産投資物件をすぐに手放して明日現金を手に入れるというのは難しいでしょう。これが不動産投資の流動性ということですね。

不動産投資の流動性は低いというのが、常識なのですが、この低い不動産投資の流動性の中でも、流動性が高い物件と、流動性が極めて低い物件に分けることが出来るのです。

例えば、住宅が建っている土地と、立っていない土地の場合には、どちらが、流動性が高いと思いますか?これは建物が建っていればその建物が、家だったとしたら、住む人しか対象になりませんが、これがもし更地で何も立っていない土地だったとしたらお店をやりたい人も、事務所を建てたい人も、アパートを作りたい人も、色々な人が対象になりますから、更地の方が流動性が高くなります。

不動産投資を始める際には、家賃収入を考えて、物件を選ぶという人も多いですが、そうではなくて手放すときのことも考えて、流動性はどうなのか、その点も頭に入れて物件を選んだほうがいいでしょう。

不動産投資ローンというのは、不動産投資を始めるにあたって、不動産投資物件を購入する際に必要になる資金をローンで借りることができるという金融商品です。

最近はサラリーマンでも、不動産投資を始める人が多いと言われていますが、サラリーマンに不動産投資物件を購入するだけの資金があるのかと疑問に思っている人もいるかも知れませんが、サラリーマンで、不動産投資を始める人の多くが、不動産投資ローンで資金調達をしているというのが現状です。

不動産投資が手軽にできるようになり、従来お金を持っている人だけが、その余裕資金なイメージがなくなってのも、不動産投資ローンが手軽に利用できるようになった背景があると言ってもいいと思います。

不動産投資ローンは、条件をクリアすれば、住宅ローンと同じような形で、ローンを組むことが出来ます。そして団体信用生命保険にも加入できる仕組みになっているので、不動産投資をしていて、もしも途中で万が一のことがあった場合には、不動産投資のために組んだローンは残債が0になるというので、残された家族は、不動産投資物件のローンがなくなり、家賃収入だけはそのまま手にすることが出来るので、将来の生活も安心です。

不動産投資ローンを組むことが出来れば、資金が0の人でも、不動産投資を始めることが出来ますから、これなら今まで不動産投資を諦めていた人も、手軽に投資が楽しめていいかも知れませんし、これからもやりたいと思う人は増えるでしょう。

不動産投資をこれから始めようと思っている人は、実際に不動産投資を始める前に、不動産投資計画を立てる必要があります。

資金計画といってもいいと思いますが、不動産というのは、他の金融投資商品と比べると、換金性がとても低いので、長い目で見て投資をするということになりますから、投資したお金は、長い間すぐに現金にすることが出来ないという特徴があります。ということは、しっかりと不動産投資計画を立てたうえで、不動産投資をしなければいけないということになりますね。

そして不動産投資計画としては、不動産投資に自分が用意できる資金がどれくらいあるのか、そして利回りの計算なども必要になってきます。全額自己負担ということは少ないですから、ローンを組むという場合には、返済計画も一緒に立てることになります。

不動産投資をこれから始めようと検討している場合には、投資計画や自分の資金契約はしっかりと考えておいた方がいいでしょう。

不動産投資ローンなどを上手に使って、投資の効率をアップさせるという方法もあるのですが、不動産投資はリスクがあり、思ったように入居者が入らない場合には、返済計画も思うどおりに運ぶとは限りません。

不動産投資というのは長期間投資をする商品ですから、金利の今の状況や、不動産投資特有のリスクなどもしっかりと考えたうえで、投資をするようにすることが大切です。最初の段階でしっかりと不動産投資計画を立てておかなくては、損失が大きくなるので注意しましょう。

不動産投資で、安定した収入を得たいと思っている人は多いですが、実際には、空き室が出てしまったり、賃料が下がる、滞納される、途中で解約されるといったリスクが発生すると考えられています。少しでも不動産投資で安定した収入を得たいと思っているのでしたら、この空き室のリスクと家賃が下がるリスク、滞納、中途解約についてのリスクを回避できるようにする工夫が必要です。

不動産投資で、空き室が出来たために、あらかじめ予定していた家賃が入ってこなかった場合には、当初考えていた投資の計画がどんどん狂ってくると思います。ローンを組んで、不動産投資をしていたという人の場合には、空き室が増えれば増えるほど、ローンを賃料で支払えなくなって困ってしまいます。

空き室を減らすことも大切ですが、便利なサービスがあり、空き室があってもなくても決められた家賃を保証してくれるようなサービスを提供してくれるところがあります。不動産管理会社の中のサービスなのですが、家賃保証サービスとして不動産投資をしている人にとっては、心強いサービスではないでしょうか。

これなら、空き室が万が一あったとしても、しっかりと家賃保証がしてもらえますから、収入が減ったりストップするということもなくて安心です。他にも、一度入居した人が賃料を滞納した場合に、滞納を保証してくれるサービスなどもあります。不動産投資をしている本人が、入居者に催促に行かなくても不動産管理会社が保証してくれますから、安定した収入を得ることが出来るのです。

不動産投資を成功させる工夫は色々とありますが、不動産投資というのは、不動産投資物件を購入して、放っておけば利益が出るというわけではありません。不動産投資を成功させるためには、色々と工夫しなければいけません。

たとえば、不動産投資物件の入居者を募集する場合には、条件などで他の物件との差別化を図って、少しでも入居してもらいやすい工夫が必要です。入居者が入りやすい条件を付けて他の賃貸物件と差別化を図れば、長い期間、空き室が出来て賃料が入ってこないような状況にもなりません。

具体的には、例えば、敷き金礼金をなしにするとか、リフォームをするとか、更新料をなくすなどの工夫が必要になってくると思います。これから不動産投資を始めて入居者を少しでも増やしたいと思っている人は、差別できる工夫が必要です。

他にも入居者の対象の幅を広げることも成功させることにつながります。たとえば、ペット可能にすれば入居者の対象が増えますし、外国人も可能である、連帯保証人不要であるなどすれば、入居者の対象の幅が増えますからお勧めです。

安定した収入を得て不動産投資を成功させたいと思っている人は、不動産投資を始めても、そのまま放っておいてはいくら待っても成功しないと思いますので、入居者が出来るだけ入ってもらえる環境で、しかも、空き室を作らない、それが大切なことです。不動産投資を成功させるための工夫は、入居者にいかに選んでもらうかに関わってきます。

カテゴリ

月別アーカイブ

コンテンツ

DESIGNED BY